日常

「おはよう。もう起きないと」
と電話口で彼を起こす。それが私の1日のスタートです(笑)
最初は、寝付けない私の為に
夜、眠る前に彼が電話を掛けてくれるようになったのが2人の交際のキッカケであり
こうした電話でのやり取りが蜜になるキッカケでもありました。
2人が交際を始めるようになってからも、電話と言うものをとてもよく使っています。
お互いに仕事もありますし、特に彼は帰宅時間が遅いこともあって
平日はまず会うことが出来ないのです
話したいことがある・・・というわけでは無いのですが
何となく話をしながら、寝付けない私のための夜と
寝起きが悪い彼のための朝を何度も繰り返してきました。
それはもう私たちの中での「日常」となっていました。
1日でもそれが無いと‘気持ちが悪い‘というくらいです。
しかし彼と話をしているのですが「互いの気持ちがあって普通だと考えることだけは避けたいね」と。
日常になっていく幸せは確かにあるのですが
「彼がそうしてくれるのが普通」
「私がそうするのが普通」
になってしまえば、良くない感情も芽生えてしまいますから。
日常だから普通と思わない・・・なんて少し難しいかもしれませんが
日常の風景に感謝の気持ちさえ抱いていれば、このまま素敵な関係を続けていけるような気がしています。